起業・創業時の相談の流れ

1事業内容のブラッシュアップ(担当:今釜)

最初はチーフコーディネーターの今釜が対応させて頂きます。

創業時の重要なポイントは
・自分の事業の顧客を明確に決めているか?
・最初からむやみに事業の幅を広げていないか?
・自分の強みを活かしているか?
等をお話を伺いながら状況によっては少し事業計画の見直しを実施します。

その後に、佐賀県よろず支援拠点での支援内容・担当者・支援順を決めます。

※創業・起業の事業内容が明確になっていない相談も大歓迎です。

1事業内容のブラッシュアップ(担当:今釜)

最初はチーフコーディネーターの今釜が対応させて頂きます。

創業時の重要なポイントは
・自分の事業の顧客を明確に決めているか?
・最初からむやみに事業の幅を広げていないか?
・自分の強みを活かしているか?
等をお話を伺いながら状況によっては少し事業計画の見直しを実施します。

その後に、佐賀県よろず支援拠点での支援内容・担当者・支援順を決めます。

※創業・起業の事業内容が明確になっていない相談も大歓迎です。

2資金関連の支援(担当:小柳)

創業するときは、不動産の賃貸契約や改装費、設備投資や運転資金など何かとお金が必要です。
自己資金だけで不足するときに、融資の申し込みに関する事業計画や融資の申込書の作成を支援します。
更に、法人設立時の登記や税務署への開設届の作成支援も実施します。

2資金関連の支援(担当:小柳)

創業するときは、不動産の賃貸契約や改装費、設備投資や運転資金など何かとお金が必要です。自己資金だけで不足するときに、融資の申し込みに関する事業計画や融資の申込書の作成を支援します。更に、法人設立時の登記や税務署への開設届の作成支援も実施します。

3会計関連の支援(担当:宮﨑)

事業を興すということは納税する義務が発生します。
即ち、確定申告&納税が必要になります。
よって、佐賀県よろず支援拠点では日々の仕訳、経理に関する支援も実施します。

更に、事業を継続させるためにはキャシュの流れを押さえることが重要です。
そこで、資金繰り表の作成の方法など支援します。

3会計関連の支援(担当:宮﨑)

事業を興すということは納税する義務が発生します。即ち、確定申告&納税が必要になります。よって、佐賀県よろず支援拠点では日々の仕訳、経理に関する支援も実施します。

更に、事業を継続させるためにはキャシュの流れを押さえることが重要です。そこで、資金繰り表の作成の方法など支援します。

4人事労務関連の支援(担当:中島)

一人で事業を実施することは稀です。
多くのケースでは従業員を雇用する事になります。
そこで、ハローワークの求人票や雇用契約書等の作成を支援します。
更に、雇用後の税務署や年金事務所、労働基準監督署等への
各種届書の作成を支援します。

4人事労務関連の支援(担当:中島)

一人で事業を実施することは稀です。
多くのケースでは従業員を雇用する事になります。
そこで、ハローワークの求人票や雇用契約書等の作成を支援します。
更に、雇用後の税務署や年金事務所、労働基準監督署等への
各種届書の作成を支援します。

5デザイン関連の支援(担当:鷲崎、渡辺)

創業と同時に必要なものに販促物があります。
名刺、ロゴ、看板、リーフレット、更に、オープニングチラシなど
まずは、自分の事業の特徴や強み等を見える化し、告知するために販促物が必要になります。

原則、顧客が積極的に制作に参加されることが前提ですが
共同作業にて販促物を制作するお手伝いを実施します。

5デザイン関連の支援(担当:鷲崎、渡辺)

創業と同時に必要なものに販促物があります。
名刺、ロゴ、看板、リーフレット、更に、オープニングチラシなど
まずは、自分の事業の特徴や強み等を見える化し、告知するために販促物が必要になります。

原則、顧客が積極的に制作に参加されることが前提ですが
共同作業にて販促物を制作するお手伝いを実施します。

6Web関連の支援(担当:小渕、宮原崇、水町、宮原務)

どのような事業になるにしてもWeb活用は事業運営上なくてはならなくなってきています。

例えば、店舗開設を伴う事業者はスマホで検索して近くの店舗を探します。
即ち、Googleマイビジネスへの登録実施しGoogleのマップに店舗が表示されることは、
来店してもらうための必要条件です。

店舗がない事業者でもWebを活用した情報発信は重要です。
例えば、Web上の広告(リスティング広告、fb広告、ユーチューブ広告等)は
小規模事業者であれば、なおさら有効活用すべきです。

佐賀県の事業者様も佐賀県だけを商圏にする時代は終わっています。
ホームページ、ネットショップ、SNS活用は必須命題です。

佐賀県よろず支援拠点は、あくまでも顧客が自ら実施される時に限り
顧客に寄り添いながらWeb戦略を実施していきます。

6Web関連の支援(担当:小渕、宮原崇、水町、宮原務)

どのような事業になるにしてもWeb活用は事業運営上なくてはならなくなってきています。

例えば、店舗開設を伴う事業者はスマホで検索して近くの店舗を探します。即ち、Googleマイビジネスへの登録実施しGoogleのマップに店舗が表示されることは、来店してもらうための必要条件です。

店舗がない事業者でもWebを活用した情報発信は重要です。例えば、Web上の広告(リスティング広告、fb広告、ユーチューブ広告等)は小規模事業者であれば、なおさら有効活用すべきです。

佐賀県の事業者様も佐賀県だけを商圏にする時代は終わっています。ホームページ、ネットショップ、SNS活用は必須命題です。

佐賀県よろず支援拠点は、あくまでも顧客が自ら実施される時に限り顧客に寄り添いながらWeb戦略を実施していきます。

7プレスリリース支援(担当:今釜)

プレスリリースとは、新聞やテレビ局に取材きて欲しいという依頼文書です。
即ち、単なるコマーシャルでは取材にきてくれません。
もし、新聞などの記事に掲載してもらえれば、無料で多くの人に認知してもらえます。
更に、第三者が情報発信することで信ぴょう性がアップします。

佐賀県よろず支援拠点では、相談者とともにプレスリリースの作成を実施します。

結論としては、取材にきてもらえるような事業であるかが鍵となります。

7プレスリリース支援(担当:今釜)

プレスリリースとは、新聞やテレビ局に取材きて欲しいという依頼文書です。即ち、単なるコマーシャルでは取材にきてくれません。もし、新聞などの記事に掲載してもらえれば、無料で多くの人に認知してもらえます。更に、第三者が情報発信することで信ぴょう性がアップします。

佐賀県よろず支援拠点では、相談者とともにプレスリリースの作成を実施します。

結論としては、取材にきてもらえるような事業であるかが鍵となります。